トップページ > あごニキビ跡 > あごニキビ跡を改善する方法

あごニキビ跡を改善する方法



あごには毛穴が多く、ニキビが出来やすい部位です。ホルモンバランスの影響を受けやすく、生理前後やストレスなどの影響で増えてしまいます。繰り返しできやすいがあごニキビの特徴です。

●あごニキビ跡の原因

・ホルモンバランス
あごニキビ跡の原因の一つがホルモンバランスです。特に生理前は黄体ホルモンが増え、皮脂の分泌が活発になります。皮脂が増えることで毛穴が詰まり、ニキビが出来やすくなります。また、睡眠不足やストレスもホルモンバランスの乱れを引き起こします。

・乾燥
肌が乾燥することであごニキビはできやすくなります。乾燥すると角質層のバリア機能が乱れ、紫外線や外部刺激の影響を受けやすくなります。その結果、肌内部で炎症が発生します。また、乾燥すると角質肥厚を引き起こし、毛穴が詰まりやすくなります。毛穴が詰まると皮脂が増えて、アクネ菌が発生してニキビを引き起こします。

●あごニキビ跡の対策

・保湿
バリア機能の乱れは炎症や角質肥厚の原因になります。保湿対策には保湿作用のあるセラミドやコラーゲン、アミノ酸などを配合した化粧水、水分を閉じ込める乳液やクリームが有効です。また、刺激の強いオイルクレンジングなどはセラミドを奪って乾燥の原因になります。

●睡眠
睡眠不足はホルモンバランスの乱れを引き起こします。その結果、肌荒れやニキビが出来やすくなります。睡眠中は肌のターンオーバーを活性化する成長ホルモン、活性酸素を阻害するメラトニンなどが分泌されます。できれば6時間は睡眠時間を確保することをおすすめします。

・皮脂抑制
あごには毛穴の多く、皮脂が増えることでニキビが出来やすくなります。ビタミンC誘導体を配合した化粧水には皮脂を抑える作用があります。その他、ビタミンB2やビタミンB6にも皮脂分泌をコントロールする作用があります。ビタミンB2はレバー、ヨーグルト、うなぎ、納豆などに、ビタミンB6はレバー、バナナ、カツオなどに含まれています。


あごニキビ跡化粧水のおすすめ

ルナメアAC
ルナメアAC

アクネシューターでしっかり保湿
 保湿成分がしっかり浸透!
 炎症を抑える植物エキスでニキビ跡改善!
 ファイバースクラブで毛穴を洗浄!


低刺激の繊維状スクラブで古い角質を取り除く洗顔料に加え、炎症を抑制するグリチルリチン酸ステアリル、抗酸化作用のあるビタミンE誘導体を配合。さらに大豆リン脂質やグリセリン、ベタインなどの保湿成分も配合し、角質層に潤いを補給します。

価格 1,080円
容量 洗顔料、化粧水、乳液
成分 グリチルリチン酸ステアリル、酢酸トコフェロール、ヒオウギエキス、セイヨウナシ果汁発酵液など
NOV ACアクティブ
NOV ACアクティブ

皮脂、アクネ菌を抑制
 皮脂を抑えるビタミンB群配合
 活性酸素を抑えるビタミンC、E配合!
 角質を取り除くAHA、BHA配合


マイルドピーリング作用のある洗顔料で毛穴すっきり。抗酸化作用や皮脂抑制作用のあるビタミンB郡、ビタミンEを配合した化粧水、皮脂分泌を抑えるビタミンCを誘導体を配合した乳液のセット。

価格 1,620円
容量 クレンジング、洗顔料、化粧水、乳液
成分 サリチル酸、アラントイン、ビタミンB2、B6、AHAなど
ビーグレン
ビーグレン

高濃度ビタミンC配合

 高濃度ビタミンC配合の美容液!
 成長因子配合の化粧水、クリーム!
 クレイウォッシュで古い角質を除去!


天然クレイを配合した洗顔料、ビタミンCやペプチドを配合した化粧水、高濃度のビタミンCを配合した美容液などのセット。独自の浸透テクノロジーでビタミンCをしっかり届け、ニキビにアプローチ。

価格 1,944円
容量 洗顔料、化粧水、美容液、クリーム
成分 ビタミンC誘導体、EGF様ペプチド、ホメオシールド、アッケシソウエキス
保湿、抗炎症成分がしっかり浸透!


油溶性グリチルリチン酸で炎症抑制
ファイバースクラブで毛穴すっきり
保湿成分で毛穴詰まりを予防

洗顔料に含まれる繊維状のスクラブ(ファイバースクラブ)によって、古い角質を優しく除去します。その結果、毛穴の皮脂づまりを抑制します。殺菌剤や固形スクラブを使用していないので、肌への負担は非常に少なくなっています。

ルナメアの化粧水、ジェルクリームはアクネシューター技術を採用。独自のカプセルにはビタミンEや大豆リン脂質、グリセリンなどの潤い成分を配合。角質層に潤い成分を補給することで、角質肥厚を予防。さらに、炎症を抑制するグリチルレチン酸ステアリルを配合し、ニキビの悪化を抑制します。 ルナメアACの公式サイトへ


部位別 ニキビ跡化粧水

あごニキビ

大人ニキビで一番多いのがアゴのニキビです。ホルモンバランスの乱れなどによって赤くぽつぽつできます。あごニキビの改善法とおすすめ化粧水について紹介。
詳しい情報はコチラ

頬ニキビ

胃腸などの内臓の影響がでやすい頬のニキビについて。食事や便秘の影響、ホルモンバランスなどが要因です。頬ニキビの改善方法やおすすめ化粧水について紹介。
詳しい情報はコチラ

背中ニキビ

一度できるほ広範囲に広がってしまうのが背中ニキビです。皮脂だけでなく、汗線の影響もうけ、真菌などによって悪化。背中ニキビを改善する方法を紹介。
詳しい情報はコチラ

あごには毛穴が多く、ニキビが出来やすい部位です。ホルモンバランスの影響を受けやすく、生理前後やストレスなどの影響で増えてしまいます。繰り返しできやすいがあご