トップページ >  悩み別ニキビ跡化粧水 >  ニキビ跡 クレーター

クレーターのニキビ跡を改善する方法



ニキビの炎症がひどくなると、肌の奥にある真皮までダメージを受ける事があります。真皮にダメージを受けると肌に凹凸ができるクレーター状のニキビ跡ができてしまいます。ここではクレーター状のニキビ跡の原因や対策について紹介します。

●クレーターニキビ跡の症状

クレーターのニキビ跡は、ニキビができた部分が弾力を失ってしぼんでしまい、へこんでいるように見えます。 へこんでいる所とそうでない所が凸凹になっています。真皮まで及んだダメージよってコラーゲン産生が不十分な状態になっています。

クレータータイプのニキビ跡には主に3タイプがあります。

細くて深いアイスピックタイプ
幅が広く底が平になっているボックスカータイプ
幅が広く底が円を描いているローリングタイプ

幅が細いアイスピックタイプはファンデーションなどで隠すことができますが、幅が広いボックスカータイプ、ローリングタイプはファンデーションで隠すのが難しくなってきます。

●クレーターニキビ跡の原因

クレーター状のニキビ跡ができてしまう原因は、炎症、活性酸素によるコラーゲンへのダメージです。アクネ菌が増える事で活性酸素も増加し、炎症による肌ダメージがひどくなります。肌細胞が炎症でダメージを受け、クレーター状にニキビ跡が残ってしまいます。

クレータータイプのニキビ跡は肌の再生をする力が弱く、コラーゲンがほぼない状態になっています。そのまま放っておいてもよくなる事は無いため、対策をとる事が必要です。

ニキビ跡 クレーターを改善する方法



①ターンオーバーを促進する

クレーターのニキビ跡の改善にもターンオーバーを正常化することが有効です。細胞代謝がよくなることでニキビ跡の改善も促進します。ターンオーバーの改善にはピーリングが有効です。ピーリングにはAHA(フルーツ酸)を配合した石鹸、クリニックで行うBHA(サリチル酸)ピーリングなどが有効です。

その他、日頃の睡眠も大切です。睡眠中は成長ホルモンが分泌し、ターンオーバーが進みます。6時間以上の睡眠を取ることが大切です。その他、適度なウォーキングなどの有酸素運動も代謝をよくします。食事ではビタミンA、ビタミンE、ビタミンB群、亜鉛などもターンオーバーの改善に欠かせません。

②コラーゲンを増やす

凹凸ができるクレーターのニキビ跡は真皮のコラーゲンが減少している状態です。そのため、真皮にある線維芽細胞を活性化することが重要です。コラーゲンの合成にはビタミンC誘導体、レチノール(ビタミンA)、FGF(成長因子)などが有効です。

ビタミンC誘導体の中でも水溶性と油溶性の両方の性質をもった新型ビタミンC誘導体は浸透力に優れ、ニキビ跡や毛穴ケアなどの改善におすすめできます。新型ビタミンC誘導体にはAPPS(パルミチン酸アスコルビン酸3Na)、APIS(イソステアリルアスコルビルリン酸2Na)などがあります。 

③瘢痕組織を除去する


出典:http://www.theory-clinic.com/acnescar/acnescar02.html

繰り返すニキビによって炎症のダメージが真皮にまで到達すると、瘢痕組織と呼ばれる異常なコラーゲンが生成されます。クレーターになっている皮膚下に瘢痕組織ができることで、肌が凹んだままの状態になります。

クレーターのニキビ跡の改善には瘢痕組織を壊す必要があります。その為にはCO2フラクショナルレーザー、ダーマペン、ダーマローラーなどによる治療が必要になります。

ニキビ跡クレーター化粧水を選ぶポイント



①ビタミンC誘導体配合
ビタミンC誘導体にはニキビの原因となる皮脂を抑制する作用をはじめ、コラーゲン合成作用、シミ予防作用などがあります。化粧水には水溶性ビタミンC誘導体が配合されています。最近では水溶性と油溶性の両方の特徴をもち、浸透性に優れた新型ビタミンC誘導体配合の化粧水もあります。

②炎症を抑える成分を配合
ニキビ跡は繰り返すニキビの炎症によって発生します。炎症を抑えることでニキビ跡を予防することが可能です。抗炎症成分には甘草エキス(グリチルリチン酸2k)やアラントインなどを配合した化粧水がおすすめです。

③ターンオーバーを促進する成分を配合
ニキビ跡の改善にはターンオーバーを促進することも重要です。ターンオーバーの改善にはビタミンA(レチノール)、プラセンタ、成長因子(EGF,FGFなど)があります。これらのエイジング成分は代謝を活性化し、コラーゲン合成などもサポートします。

クレーターにおすすめのニキビ跡化粧水

シーボディ VCローション
シーボディ

新型ビタミンC誘導体配合
 新型ビタミンC誘導体でコラーゲン合成!
 ターンオーバーを促進するビタミンA・E配合!
 アルコールやパラベンフリーで低刺激!


シーボディのVCトライアルは化粧水、美容液、クリームのセット。シーボディの特徴は浸透性に優れた新型ビタミンC誘導体「VC200」です。しっかり浸透することでコラーゲン合成、色素沈着の改善、活性酸素の阻害などをサポート。さらに、ビタミンA・E誘導体が代謝を促進し、クレーターのニキビ跡にアプローチします。

価格 1,800円
容量 化粧水、美容液、クリーム
成分 新型ビタミンC誘導体、ビタミンA・E誘導体、サリチル酸、植物エキス
リプロスキン
リプロスキン

代謝を促進してニキビ跡にアプローチ
 プラセンタエキスを配合
 炎症を抑える植物エキス配合!
 保湿成分で潤いを補給


リプロスキンには代謝を促進するプラセンタエキスを配合。プラセンタエキスにはアミノ酸、成長因子、ビタミン、ミネラルなどの豊富な栄養素が含まれ、代謝を促進します。その他にも酵母エキスやアーチチョーク葉エキスなども配合し、ニキビ跡の改善をサポート。

ニキビ跡の原因となる炎症を抑えるグリチルレチン酸kも配合。さらに、リプロスキンには保湿成分もたっぷり、コラーゲン、ヒアルロン酸、コメヌカスフィンゴ糖脂質などを配合。角質層に潤いをたっぷり補給して保湿をキープします。

価格 定期初回限定:2,490円 送料無料
2回目以降:4,980円 送料無料
いつでも休止可能。回数縛りなし
容量 初回お試し:50ml
2回目以降:100ml
成分 プラセンタエキス、グリチルリチン酸2k、ヒアルロン酸、コラーゲンなど
ビーグレン
ビーグレン

ビタミンCでニキビ跡改善

 ビタミンCセラムでコラーゲン対策!
 成長因子が肌代謝を活性化
 保湿成分たっぷりの化粧水!


ビーグレンのニキビ跡ケアには洗顔料、化粧水、美容液、クリームのセット。化粧水と美容液には高濃度のビタミンC誘導体を配合。ビーグレン独自のQuSomeテクノロジーでビタミンCがしっかり浸透し、コラーゲン合成をサポート。クリームにも代謝を良くするペプチド、ポリアミンなどを配合し、クレーターのニキビ跡改善をサポートします。

価格 1,944円
容量 洗顔料、化粧水、美容液、クリーム
成分 ビタミンC誘導体、EGF様ペプチド、ホメオシールド、アッケシソウエキス
アクレケア
アクレケア

ニキビ跡にアプローチする美容液

 ビタミンCを豊富に配合!
 代謝を活性化してニキビ跡を改善!
 美白作用のあるアルブチン配合!


有効成分に美白作用のあるアルブチン、炎症を抑えるグリチルリチン酸2kを配合。その他、肌の凹凸を改善するチューベロースポリサッカロイド液(月下香エキス)をはじめ、代謝を改善する卵殻膜、コラーゲン合成をサポートするビタミンCを含んだカムカムエキスも配合しています。

価格 定期購入:4,500円 送料無料 4回縛り 単品:8,000円
容量 30ml(約1ヶ月分)
ルナメアAC
ルナメアAC

炎症、代謝を抑えるニキビ跡化粧水

 アクネシューターで潤いを補給!
 ファイバースクラブで代謝を促進!
 無添加にこだわり肌に低刺激!


洗顔料、化粧水、ジェルクリームのセット。洗顔料にはファイバースクラブを配合。繊維状の低刺激のスクラブで汚れを吸着します。化粧水、ジェルクリームには炎症を抑えるグリチルレチン酸ステアリル、代謝を促進する酢酸トコフェロールを配合。さらに緩和なピーリング作用のある西洋梨発酵エキスも配合し、クレーターのニキビ跡にアプローチ。

価格 1,080円
容量 洗顔料、化粧水、乳液
成分 グリチルリチン酸ステアリル、酢酸トコフェロール、ヒオウギエキス、セイヨウナシ果汁発酵液など
新型ビタミンCでコラーゲンにアプローチ!


浸透性のあるビタミンC誘導体「VC200」配合
ビタミンA・E誘導体でターンオーバー改善
アクネ菌を抑えるサリチル酸を配合

シーボディのVCローションに含まれる新型ビタミンC誘導体「VC200」はAPPSよりも浸透性に優れています。コラーゲン合成作用、抗酸化作用などによってクレーターのニキビ跡改善にアプローチします。

さらに、ターンオーバーを改善するビタミンA・E誘導体も配合することで、真皮細胞の活性化をサポートします。アクネ菌を抑えるサリチル酸、保湿作用のある植物エキスなども配合し、ニキビ跡だけでなく、大人ニキビにもアプローチします。 シーボディVCシリーズの公式サイトへ

レーザーでクレーターのニキビ跡を治療



クレーターのニキビ跡に有効なのがCO2フラクショナルレーザーです。フラクショナルレーザーはクレーターニキビ跡の原因となっている瘢痕組織を壊し、コラーゲン合成を促進する効果があります。瘢痕組織を壊すためにはレーザー治療を3~4回繰り返す必要があります。

麻酔クリーム等を使用するため、痛みはかなり軽減されます。日焼けのような赤みが発生することがありますが、化粧などはその日のうちから可能です。

ダーマペンでクレーターニキビ跡を治療



ダーマローラーよりも皮膚に負担をかけないダーマペンがクリニックでは使われています。ダーマペンには11本のハリが垂直に動き、瘢痕組織や真皮細胞にダメージを与えます。

ハリの深さは調節でき、クレーターニキビ跡の症状に応じて調節します。クリニックでは表面麻酔を行い、皮膚に細かい穴を開けてニキビ跡を治療します。3~4週間おきに5回程度は治療を繰り返す必要があります。回数は症状によって異なります。ダーマペンを使用しながら、コラーゲン合成作用のある化粧水等を使用するクリニックもあります。

タイプ別 ニキビ跡化粧水

ニキビ跡 赤み

大人ニキビの炎症が悪化し、活性酸素などによって炎症が表皮に残っている状態です。さらに、毛細血管が増生することで赤みが目立ってしまいます。
ニキビ跡赤みはコチラ

ニキビ跡色素沈着

ニキビを潰したりすることでシミになって残ってしまうことがあります。紫外線を浴びると消えにくくなります。ビタミンCや美白が有効なニキビ跡です。
ニキビ跡色素沈着はコチラ

ニキビ跡クレーター

ニキビ跡で最も症状が進んだのがクレーター状のニキビ跡です。炎症や活性酸素によって真皮の組織細胞まで破壊された状態です。コラーゲン合成が重要です。
ニキビ跡クレーターはコチラ

皮膚が凹凸のクレーターニキビ跡を改善する方法、おすすめのニキビ跡化粧水について紹介します。