トップページ > ハイドロキノン > ニキビ跡に有効なハイドロキノンの効果

ニキビ跡に有効なハイドロキノンの効果



●ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンにはシミを生み出すチロシナーゼ酵素の働きを阻害する作用があります。チロシナーゼを阻害することでメラニン色素の生成を防止し、シミを予防します。

ハイドロキノンは出来てしまったシミを還元して薄くする作用があり、「肌の漂白剤」とも呼ばれています。ニキビ跡のシミに有効です。美白成分にはビタミンC誘導体やアルブチンなどもありますが、あくまでも予防作用しかありません。ハイドロキノンは出来たシミを薄くする働きに優れています。

ハイドロキノンは濃度が高くなるほど刺激が強くなります。多くの化粧品は2%程度に濃度を抑えています。また、ハイドロキノンは酸素や熱、光に弱く、酸化しやすいという特徴があります。紫外線によって酸化すると、肌荒れやかぶれを引き起こします。

ハイドロキノン化粧品ではアンプルールやビーグレンなどが有名です。ハイドロキノンの濃度は約2%です。夜、寝る前にシミがきになる部分に塗ります。独自の浸透技術で角質層にしっかり浸透し、ニキビ跡のシミを改善します。

●ハイドロキノンの副作用
副作用で最も多いのが炎症や赤みなどの肌荒れです。その他、高濃度ハイドロキノンを長期間塗り続けると、メラノサイト自体の働きが弱くなってしまい、色素が抜けて白斑になる恐れがあります。ハイドロキノンは2~3ヶ月程度使用したら、一旦様子を見るのが一般的です。また、妊娠中や授乳中にハイドロキノンやトレチノインは使用できません。

●トレチノインの併用でより効果
トレチノインとはビタミンA誘導体の一種です。古い角質を取り除くピーリング作用があります。古い角質を取り除くことでターンオーバーが改善し、シミの排出を促進します。またトレチノインを塗ることで、ハイドロキノンクリームがシミに届きやすくなります。

ただ、トレチノインは刺激が強い医薬品のため、皮膚科での処方になります。ヒリヒリ、赤み、皮剥けなどの症状が発生します。皮剥けは気になりますが、自分で剥がさずに自然に剥がれるのを待つ必要があります。赤みやかゆみの反応がつよい場合は医師に相談します。


ニキビ跡 色素沈着におすすめのハイドロキノン化粧品

ビーグレン ホワイトケア
ビーグレン美白

ハイドロキノンで色素沈着改善
 ハイドロキノンクリームでシミケア!
 高濃度ビタミンC誘導体でニキビ、シミ対策!
 成長因子で代謝を促進!


ハイドロキノン配合のクリームが出来てしまったシミにもアプローチ。その他、ニキビの原因となる皮脂や活性酸素を阻害する高濃度ビタミンCを配合した美容液、化粧水、クレイ配合の洗顔料、成長因子配合のリッチクリームのセット。

価格 1,944円
容量 洗顔料、化粧水、美容液、クリーム
成分 ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、成長因子、スクワランなど
アンプルール
アンプルール

安定型ハイドロキノン配合
 ハイドロキノン美容液で色素沈着ケア
 セラミド配合の化粧水でしっかり保湿!
 ビタミンC、アルブチンでシミを予防


安定型ハイドロキノンを配合したスポット美容液、セラミド配合の化粧水、ビタミンC誘導体配合の日中美容液、アルブチン配合のクリームのセット。ニキビ跡の色素沈着を改善するハイドロキノンに加え、日中美容液、クリームでメラニンの生成を抑えます。

価格 1,890円
容量 化粧水、美容液、スポット美容液、クリーム
成分 ハイドロキノン、セラミド、ビタミンC誘導体、アルブチンなど
プラスキレイ
プラスキレイ

高濃度ハイドロキノン配合

 4%ハイドロキノンで色素沈着改善!
 抗酸化成分で活性酸素を阻害!
 ビタミンA、ビタミンEで代謝促進!


高濃度4%のハイドロキノンを配合。出来てしまったシミ、色素沈着を薄くする作用があります。加えて、紫外線などによる活性酸素を阻害するアスタキサンチン、レスベラトロールも配合し、シミ予防をサポート。さらに、肌代謝を活性化するビタミンA、ビタミンEを配合してターンオーバーを促進。

価格 3,240円
容量 5g
成分 ハイドロキノン、アスタキサンチン、レスベラトロール、ビタミンAなど
●ハイドロキノンの効果 ハイドロキノンにはシミを生み出すチロシナーゼ酵素の働きを阻害する作用があります。チロシナーゼを阻害することでメラニン色素の生成を防止