トップページ > レーザー治療 > レーザー治療でニキビ跡を改善

レーザー治療でニキビ跡を改善



ニキビ跡を短期間で改善したい方にはレーザー治療もおすすめです。レーザー治療を受ける人の割合は、クレーターが5割、赤みが3割、色素沈着が2割程度です。ここではレーザー治療の内容について紹介します。

レーザー治療を受ける際にはクリニック選びが非常に大切になります。レーザー治療専門の医師がいるかどうか、最新のレーザー設備を導入しているか、医師がカウンセリングをしているかどうかなどはチェックすることをおすすめします。

●レーザー治療の種類

・フラクセルレーザー


フラクセルレーザーはミクロ単位の穴を開けて真皮にある肌細胞に熱ダメージをあたえます。熱ダメージを受けた細胞が活性化することで、コラーゲンの合成が始まり、凹凸のニキビ後を改善していきます。表面の穴もターンオーバーがすすむことで修復します。

フラクセルレーザーの治療は20分程度で終了します。顔に麻酔クリームを塗布し、フラクセルレーザーを照射。その後は冷却することでクールダウンを行います。料金はクリニックによって異なりますが、両頬の場合は1回あたり40,000円程度です。

・サーマクール


サーマクールな凹凸のあるニキビ跡に有効な治療法です。RF波と呼ばれる熱エネルギーがコラーゲンに刺激を与え、コラーゲンを作る細胞を活性化する作用があります。ニキビ跡だけでなく、しわやたるみにも有効な治療です。

サーマクールは麻酔クリームを塗り、照射していきます。顔全体でも20分程度で治療は終了します。サーマクールは1回(100カウント)で90,000円、顔全体(400カウント)で320,000円の治療費(参照:シロノクリニック)になっています。

フォトシルクプラス


フォトシルクプラスはニキビ跡の赤みと色素沈着に有効な光治療です。メラニンとヘモグロビンに作用する光照射をおこないます。レーザーのような痛みカサブタなどの心配もありません。

フォトシルクプラスは洗顔後に冷却ジェルを塗り、照射していきます。15分程度で治療は終了します。治療費は1回40,000円程度になります。

●レーザー治療の注意点

ニキビ跡はレーザー治療をしたからといって1回で完全に治るものではありません。通院する回数は肌の状態により異なります。

療後は数日間のダウンタイムが必要です。ダウンタイムとは施術による皮膚の赤みや出血をケアする期間のことで、肌が回復するまで保護シートを貼っておいたり、入念に保湿ケアや紫外線ケアをする必要があります。
ニキビ跡を短期間で改善したい方にはレーザー治療もおすすめです。レーザー治療を受ける人の割合は、クレーターが5割、赤みが3割、色素沈着が2割程度です。ここでは