トップページ >  > ルミキシルの効果、口コミ

ルミキシルの効果、口コミ



ルミキシルはニキビ跡の色素沈着に有効なクリームです。美白成分「ルミキシルペプチド」は複数のアミノ酸から出来ているペプチド成分です。

シミの原因となるチロシナーゼ酵素を阻害する作用に優れ、シミの発生を防止します。浸透性に優れていて、肌への刺激も殆どありません。そのため、敏感肌にも安心して使用できます。

ルミキシルの効果


出典:聖心クリニック

・チロシナーゼを阻害
ニキビ跡の色素沈着はチロシンとチロシナーゼ酵素が結合することで発生します。ルミキシルペプチドはチロシナーゼ酵素を阻害する効果に優れ、86%もの抑制効果が確認されました。

・メラニンの生成を抑制
ルミキシルはメラニンの生成を40%も抑制します。ハイドロキノンには6%の抑制作用しかありません。ペプチドは分子が小さいため、角質層の奥までしっかり浸透します。

・ルミキシルの使用方法
ルミキシルは朝と夜の1日2回使用します。洗顔後、シミが気になる部分に塗布します。しっかり浸透するため、べたつきなく使用できます。保湿が足りない場合、ルミキシルを使用後に化粧水やクリームを使用します。

ルミキシルとハイドロキノンの違い



ルミキシルとハイドロキノンはどちらも美白に有効な成分です。ハイドロキノンは出来たシミを薄くする作用があります。ルミキシルはチロシナーゼ酵素を抑え、メラニンを抑制する効果があります。

また、ハイドロキノンは刺激のある成分です。敏感肌の人が使用すると、肌に赤みやかぶれが出やすいという特徴があります。ルミキシルは刺激が殆どありません。そのため、赤みやカブレなどが出る心配もありません。

また、ハイドロキノンは妊娠中や授乳中の使用は控える必要があります。そして高濃度のハイドロキノンは白斑の副作用を引き起こす可能性があります。ルミキシルは妊婦さんや授乳婦さんも安心して使えます。

その他、ハイドロキノンは光や熱などに弱いため、使用する際は日焼け止めやファンデーションが欠かせません。保存の際も冷蔵庫に保管し、1~2ヶ月で使い切る必要があります。ルミキシルはアレルギーなどの心配はなく、常温保存で使用期限も数年あります。

ルミキシルの口コミ


37歳 乾燥肌

さらっとした使い心地で、すぐに浸透します。ハイドロキノンはすぐにブツブツが出来たため、ルミキシルを使用しはじめました。使い始めて顔全体が明るくなってきました。3ヶ月以上たってから、少しずつ色素沈着が薄くなってきました。ハイドロキノンのようなダイレクトな効果はありませんが、すこしずつ薄くなる感じです。


41歳 敏感肌

ハイドロキノンに比べると刺激がありません。べたつかずにしっかり浸透して保湿している感じです。ルミキシルは8週間は使用することを推奨しています。まだ1ヶ月のため、色素沈着は殆ど変化はありません。ただ、肌がワントーン明るくなった感じです。これからに期待しています。


38歳 敏感肌

皮膚科でハイドロキノン、トレチノインを処方してもらいましたが、肌がカブレてしまいました。そこで低刺激のルミキシルを使用開始しました。しばらくは何も変化はありません。半年経つ頃に少しシミが薄くなってきました。周りの人にも肌が明るくなったと言われるようになり、ルミキシルを継続しています。



ルミキシルの商品詳細

低刺激のルミキシルペプチドがチロシナーゼ酵素を阻害し、メラニンの発生を大幅に抑制します。
8,900円 送料無料
30ml
ルミキシルペプチド
シミ改善、保湿
ルミキシルはニキビ跡の色素沈着に有効なクリームです。美白成分「ルミキシルペプチド」は複数のアミノ...