トップページ > オロナイン > オロナインとニキビについて

オロナインとニキビについて



オロナインは大塚製薬から販売されている軟膏です。ひび、あかぎれなどの治療に使っている人も多いと思います。ドラッグストアでも非常に安価で販売されている常備薬の一つです。

オロナインの有効成分「クロルヘキシジングルコン酸塩液」は殺菌作用、抗菌作用に優れています。殺菌作用によってニキビをはじめ、吹き出物や軽いやけど、あかぎれ、傷、水虫などに効果があります。

オロナインはニキビを悪化させるアクネ菌を殺菌する作用があります。ニキビの出来始めから軽度の赤ニキビや吹き出物に塗ることで、ニキビが改善します。継続して塗っているとニキビの赤みが引いてきます。抗菌作用が続くため、連続使用は1週間で一旦ストップします。

オロナインはニキビ跡への効果は殆どありません。ニキビ跡には赤みや色素沈着(シミ)、クレーターがあります。赤みや色素沈着はターンオーバーを促進する必要があり、クレーターはコラーゲンを増やす必要があります。オロナインに殺菌、抗菌作用の効果しかありません。

オロナインのクチコミ


34歳 混合肌

知り合いにオロナインがニキビに効くと教えてもらい使用を開始。洗顔後にオロナインを塗り、1週間もしないうちにニキビが引いてきました。できはじめのニキビだけでなく、赤くなっているニキビもしっかり改善します。ニキビ跡になる前の予防にもおすすめです。


29歳 普通肌

昔からあかぎれに使用していましたが、ニキビにもいいと聞いて使いはじめました。数日でニキビが薄くなってきて驚きました。すこしベタつきがますが、刺激もなく安心して使用することができます。ただ、色素沈着などには特に変化はありませんでした。


31歳 混合肌

子供の傷薬として使用していて、常に常備している軟膏です。大人ニキビや吹き出物の改善にも効果があり、2~3日塗るだけでかなり改善しています。ニキビには非常に効果的ですが、色素沈着や赤みのニキビ跡には効きませんでした。やはりピーリングなどによってターンオーバーを促進することが大事なようです。


31歳 乾燥肌

昔からあかぎれや擦り傷に使用していました。顔にできたニキビ跡に塗り込んでみましたが1週間では変化はありませんでした。殺菌作用や抗菌作用があるのですが、シミを排出するような効果はありませんでした。オロナインは大人ニキビにはよさそうですが、ニキビ跡への効果は実感できませんでした。

オロナインは大塚製薬から販売されている軟膏です。ひび、あかぎれなどの治療に使っている人も多いと思います。ドラッグストアでも非常に安価で販売されている常備薬の