ニキビ跡におすすめの食事、栄養



ニキビ対策では皮脂を抑える事が欠かせません。脂っこい物や甘い物などは皮脂分泌の原因の一つです。ここでは大人ニキビ、ニキビ跡対策におすすめの食事について紹介します。

●ビタミンB群
皮脂は糖質、脂質から作られます。皮脂分泌による毛穴づまりを予防するためにしっかり摂りたいのはビタミンB1,B2、B6です。ビタミンB1は糖質(炭水化物)の代謝を促進します。豚肉、うなぎ、玄米に含まれています。
ビタミンB2には脂質の代謝を促進し、皮脂を抑えたり、代謝を促進する作用があります。ビタミンB2はレバー、納豆、うなぎなどに含まれています。

ビタミンB6はタンパク質、脂質の代謝を促進します。皮脂に関係するホルモンバランスを整える作用もあり、しっかり摂りたい栄養素です。ビタミンB6はレバー、バナナ、かつお、マグロなどに含まれています。

●食物繊維
食物繊維は便秘解消、血流改善におすすめです。便秘になると、腸内に悪玉菌が増えます。活性酸素が増えてしまいます。その結果、血流が悪くなったり、ニキビが出来やすくなります。食物繊維は納豆などの大豆類、おから、切り干し大根、モロヘイヤなどに豊富です。

●ビタミンC、E
ビタミンC、Eには抗酸化作用があります。加齢、ストレス、紫外線、喫煙などによって発生する活性酸素は毛穴づまりの原因となる過酸化脂質を作り出します。また、ビタミンEには血流改善作用があり、角化異常を予防します。ビタミンCはパプリカ、ブロッコリー、キウィ、ピーマンなどに、ビタミンEはアーモンド、ツナ、たらこ、かぼちゃなどに含まれています。

ニキビ跡対策では控えたい食事



●糖分の取りすぎに注意
甘いものや油分を含んだスナック菓子を食べ過ぎるとニキビができやすくなります。チョコレートなどの糖分を摂り過ぎすると「遊離脂肪酸」が増えてしまいます。この遊離脂肪酸は炎症を引き起こし、ニキビ跡が悪化してしまいます。

●脂っこい食事
スナック菓子、揚げ物、動物性脂肪(チーズ、ラード、バターなど)を摂ると、皮脂の材料となる「トリグリセリド」が増加します。皮脂が増えることで毛穴が詰まり、アクネ菌が繁殖しやすくなります。脂質の代謝を促進するビタミンB2を含んだ食事を一緒に摂る事をおすすめします。

ニキビ跡 関連記事

赤みが残る

大人ニキビの炎症が悪化し、活性酸素などによって炎症が表皮に残っている状態です。さらに、毛細血管が増生することで赤みが目立ってしまいます。
詳しい情報はコチラ

シミ、色素沈着

ニキビを潰したりすることでシミになって残ってしまうことがあります。紫外線を浴びると消えにくくなります。ビタミンCや美白が有効なニキビ跡です。
詳しい情報はコチラ

クレーター状

ニキビ跡で最も症状が進んだのがクレーター状のニキビ跡です。炎症や活性酸素によって真皮の組織細胞まで破壊された状態です。コラーゲン合成が重要です。
詳しい情報はコチラ

ニキビ跡の改善に有効な食事、避けたい食事について解説します。